Company

富士山清水港クルーズ
株式会社とは

会社情報

会社名
富士山清水港クルーズ株式会社
本社所在地
静岡県静岡市清水区日の出町10番80号
設立
2020年4月13日
資本金
3千万円
代表者
代表取締役社長 大井 一郎
事業内容
旅客航路事業
一般定期航路、不定期航路
港内遊覧・レストラン事業
ランチクルーズ、貸切チャーターのディナークルーズ、ブライダル等
受託運航事業
駿河湾フェリー"富士"、御前崎港監督測量船"ふじ"、清水港港湾業務艇"まさき"、ドーントレッダー号、
オーシャンプリンセス号受託運航

運航船舶

ベイプロムナード(193t)
清水港内遊覧双胴船「富士山清水みなとクルーズ」(平成3年建造)
オーシャンプリンセス(240t)
清水港内遊覧帆船(平成7年購入)
フェルケル(18t)
清水港内定期運航「水上バス」(平成3年建造)
ケー・エス(15t)
清水港内定期運航「水上バス」(平成元年建造)
かしわ丸(12t)
清水港内不定期運航「水上バス」予備船
ドーントレッダー(132t)
研修用帆船
ふじ(22t)
国土交通省御前崎事務所 監督測量船
まさき(19t)
国土交通省清水港湾事務所 清水港湾業務艇
富士(1,554t)
清水港-土肥港間運航カーフェリー
「駿河湾フェリー」(平成17年建造)

沿革

2020年4月13日
鈴与コンストラクションホールディングス100%出資子会社として会社設立
2020年7月1日
定期及び不定期航路事業認可を受け事業開始

安全方針

富士山清水港クルーズ株式会社は、「安全快適な船旅をお客様へ提供するとともに、公共交通機関としての役割を果し、広く社会の人々に貢献する。」との経営理念に基づき、安全は社会への責務であるとの認識の下、「安全最優先」の社風の徹底を図るため、安全方針を以下のとおりとする。

  1. 「安全最優先の原則」の周知徹底(事故0を目指して)
  2. 関係法令及び社内規定の遵守
  3. 継続的改善の繰り返しで問題解消

安全重点施策

安全方針に基づき、これを具体化するための安全重点施策を以下のとおりとする。

  1. 安全管理体制を継続するために必要な教育、訓練の実施
  2. PDCAサイクル書類回覧の迅速化
  3. 組織内のコミュニケーション緊密化と安全意識の共有
  4. 基本動作による指さし呼称「安全・安心意識を持って100%実施」

富士山清水港クルーズ株式会社
代表取締役社長 大井 一郎
2021年9月1日 策定